2016/01/17 13:29:17 |
プロミスで審査が通って借り入れができたらそれは本当に嬉しいことですが、次はいよいよ返済をしっかりしていくという責任が生じます。返済方法が不便だとなにかと手間取ってしまうことがあるのですが、プロミスではいろいろな返済方法があるので選ぶことができるというメリットがあり、状況が変化しても対応できます。返済に関して確実なのは銀行からの引き落としであり、これを設定しておけば便利です。この場合にはインターネットで会員サービスから手続きが可能になりますが、すべての金融機関の口座からできるわけではなく、一部ですのでそのあたりは確認の必要があります。他にはプロミスの店頭窓口、ATM、そしてインターネット返済、提...
2016/01/17 13:29:17 |
プロミスのフリーキャッシングは、最大融資額が500万円で借入利率が4.5%~17.8%となっており、20歳以上で安定した収入がある方ならば誰でも申し込むことが出来ます。使途についても自由となっているため非常に利用しやすく、他社の消費者金融に比べても人気のカードローン商品です。申し込みはインターネットか書類のいずれかを選ぶことが出来るようになっており、インターネットでの申し込みであればスマホからでも利用が出来る為、いつでも好きな時に申し込みを行なえるのが嬉しいところ。提出書類がある場合は書類をスマホのカメラなどで撮影したものを用意し、プロミスのサイトから会員専用ページにログインすれば簡単にアップ...
2016/01/17 13:29:17 |
カードローンを利用する際に「利用を誰かに知られるのが嫌だ」と思う方は大勢います。そんな人向けに『来店不要』で申し込みから契約まで完了することが出来るカードローンはいくつかありますが、中でもプロミスは「WEB完結可能で即日融資も可能」という大きな魅力があります。カードローン会社の中にはそれぞれのサービスを提供していること自体は珍しくないのですが、WEB完結可能と言うことは電話などでのやり取りを行うことなく契約まで完了させることが出来るサービスです。書類の確認もWEB上で完了させることが出来ますので、手続きの時間が非常に短く済みます。プロミスが指定している条件(WEB明細)を利用すれば、無利息期間...
2016/01/17 13:29:17 |
最近、電子書籍をはじめ、仕事の資料などを電子化して一括管理できる電子リーダーをパソコンやタブレット端末で利用している方も多いのではないでしょうか。電子リーダーを利用し始めると、様々なパンフレットや説明書などをスキャンして管理できるので、持ち運ぶこともできて便利です。出先でも確認出来るので良いのですが、1枚1枚スキャンする手間を面倒に感じるのもまた事実です。しかし、消費者金融のプロミスは、自社のホームページに、3種類のパンフレットのpdfデータをアップロードし、いつでも利用者がダウンロードして確認できるサービスを提供してくれています。パンフレットは、借入前のチェックブック、プロミスの利用ガイド、...
2016/01/17 13:29:17 |
一般的に消費者金融でのキャッシングの金利は、100万円までの借り入れの場合、18.0%となっています。これは、利息制限法という法律によって、10万円以上100万円未満の借り入れの上限金利が18.0%と決められているからです。そのため多くの消費者金融が、利息による利益を多く得るために、上限ギリギリの金利での貸し付けをおこなっているのです。しかしプロミスでは、17.8%というやや低い金利で借り入れすることができます。つまり、18.0%の金利で貸し付けをおこなっている消費者金融と比べると、発生する利息が少ないわけです。利息は、借り入れしている金額が多く日数が長いほど加算されていきます。金利がやや低い...